先日引っ越したのは良いのですが

先日引っ越したのは良いのですが、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。
マンションから転居したので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、自分でエレベーターに乗せられる荷物は引っ越しの前日までに何回にも分けて台車に載せ新居に搬入しました。

台車一台で、よくも運んだものです。
引越しをしたときは、使い古したテレビを思いきって処分し、新製品の大画面テレビを設置しました。
新しい家はとてもリビングが広いので、大きくて鮮明な画面で、テレビを見たいと考えたからです。新しいテレビを置くだけで、リビングの印象が一変し、華やかな空間になって大満足です。引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、そのときの対応が今でも気になっています。
液晶テレビの運搬に限って特別な保険が必要だと言われたのです。問題になったのは40型の液晶テレビで、30万円以上の購入価格であれば、保険をかけないと運べない規定になっているそうなのです。
言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、どこの業者さんでも同じなのかまだ引っかかっています。新居に引っ越すための作業に着手しようとする際、なくてはならないアイテムと言いますと、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると荷造りがはかどります。荷物が多い場合はダンボールも大量に必要になりますし、少し多めに準備しておきましょう。
さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。
しかしながら、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが丈夫で大きさも揃っていて、荷造りしやすいかもしれません。
ご自身だけの引っ越しは自分たちだけでやった方がお金も安く済むし費用的に良いと思うかもしれません。でも、本当は大きな物の運ぶのは大変ですしすごく時間も労力もかかるのです。
しからば、引っ越し業者の単身パックを利用した方が費用が抑えられますし、早く楽にできるので、お勧めです。引越しのため、荷造りをしている時に意外にも悩むのがグラスの包み方です。
ガラス製品を包むには、まずはじめに足の部分から梱包材を巻くことが大切です。
梱包材と言うものは、必ずしも専用のものである必要はありません。身近にある新聞紙やタオルなどでなんともありません。
その後、全体をぎゅっと梱包すれば、グラスが、割れる心配なく運ぶことができます。
引越しを行う時のコツは、新居での間取りを考えて、荷造りを行うということです。
段ボールなどに荷物を詰めていく時に、その荷物をどの部屋へ置くのかを決めて、段ボールのどこかに書き記しておくと新居へ着いてから無駄な労力を減らせます。
その他、手続きを行う必要があるものは計画的に行うと良いです。引っ越しが完了したら、様々な手続きが必要となります。
役所でしなければならない事は、住民票と健康保険と印鑑登録などになります。あなたが犬を飼っているなら、登録変更する必要があります。
また、原動機付自転車の登録変更も市町村でしていただきます。全てを一度に行ってしまうと、何度も訪ねることもないでしょう。国民年金の人が転居しますと、国民年金手帳の住所変更の手続きをすることになっております。引っ越し後14日以内という期限があり、市区町村の役場でなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。
手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。
もし、本人が役場まで行けないのであれば、形式に則った委任状が提出できるなら親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。
出来るだけ引っ越しの出費を抑えたいとい方のおススメの引っ越し業者は赤帽です。
中でもコンパクトな引っ越しにおいては実力を発揮します。
時間制による料金設定のため、ドライバーの運搬を手伝えば作業にかかる時間を抑えることが可能でしょう。
赤帽で使う車は軽自動車なので積載量が心配かもしれませんが、思ったより多くの荷物を積み込めるので、一般的な引っ越しの荷物の数であれば問題ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>